EVENT

  • WHOガイドライン開発メンバーになろう

    国際的な規範やガイドライン開発はWHOの主要な役割の1つです
    WHOの専門家委員等で活躍することは、加盟国からの国際貢献とともに日本の医療技術の国際展開にも役立ちます

    講師

    Dr. Hiroki Nakatani, Director, HRC-GH/NCGM (former ADG/WHO/HQ)

    Dr. James Neilson, Professor, University of Liverpool / Editor, Cochrane

    Dr. Susan L. Norris, Scientist, WHO

    Dr. Rintaro Mori, Director, Dept. of Health Policy, NCCHD/Cochrane Japan

  • プログラム

    9:30-10:00 Registration
    10:00-10:30 Welcome and introduction
    10:30-11:00 Why ‘kihan’ setters are important
    11:00-11:20 Coffee break
    11:20-12:20 Overview of WHO guideline development methodology
    12:20-14:00 Small group discussion on qualifications as a WHO guideline developer over lunch
    14:00-14:40 People skills as guideline developers and chairs
    14:40-15:00 Coffee break
    15:00-15:40 Technical skills as guideline developers
    15:40-16:00 Wrap up
    対象者: WHOガイドライン作成に興味のある保健医療専門家(それぞれの分野で専門性を有する方)
    定 員: 各日30人
    コース: 1日コース(昼食付き)
    言 語: 英語
    参加費: 無料

     

  • 東京開催

    3月4日(日)10:00-16:00

    聖路加国際大学 大村進・美枝子記念聖路加臨床学術センター 3302教室
    〒104-0045 東京都中央区築地3-6-2
    会場詳細

    京都開催

    3月10日(土)10:00-16:00

    京都大学医学部G棟2階セミナー室A
    〒606-8501 京都市左京区吉田近衞町
    会場詳細

    Leaflet Download   pdf_icon.png

    お申し込み
    お申し込み期限: 2月25日

主催:グローバルヘルス人材戦略センター(HRC-GH)/国立国際医療研究センター(NCGM) (厚生労働省委託事業)〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1 TEL 03-6228-0496 e-mail hrc-gh@hosp.ncgm.go.jp
共催:コクランジャパン(NPO法人日本コクランセンター)
後援:聖路加国際大学, 京都大学大学院医学研究科